もう悩まない!生理中の服装は? おすすめコーデ&絶対に漏れない工夫

もう悩まない!生理中の服装は? おすすめコーデ&絶対に漏れない工夫

生理中、特に経血の多い23日目は、経血が漏れて洋服を汚さないか、冷え対策で着込んでしまい逆にショーツ内がムレてしまったり。いつも以上にどんな服を着れば良いか悩みますよね。

 

そこで今回は、生理中のおすすめファッションや経血モレを防ぐ工夫をご紹介していきます。

 

生理中おすすめコーデ・服装

 

. ワイドパンツ

締め付けが少ないワイドパンツは、生理中もストレスフリーに過ごせます。身体を締め付ける服装は血行不良を招いてしまい、生理痛等を増進させてしまう為なるべく避けましょう。ハイウエストを選べば、生理でむくみがちな脚をカバーしつつ、脚長効果もあり、お腹の冷えも解消できます!

 

. シフォンスカート

風通しのいいスカートで生理中の蒸れとおさらば。

ウエストゴムでゆったりしたものを選びましょう。カラーはブラックなど落ち着いた色を選べば、生理中、仕事や授業でなかなか席を立てず、失敗してしまうかもしれないという不安も軽減してくれます。

ふわっとしたシルエットが可愛く、生理中のデートにもオススメ!

 

3 .デニム

ストレッチ素材のデニムを選べば、圧迫感を軽減できるだけではなく、ナプキンがずれにくい為安心感があります。

 

. トップスでカラーを取り入れる

生理の漏れ対策として、暗いカラーのボトムスを選ぶと、万が一外出中に経血がモレてしまっても、目立にくいメリットがあります。暗い印象になるのは避けたい!という場合、トップスで明るいカラーを取り入れてみましょう。

 

白ブラウス×黒ワイドパンツで、大人っぽいモノトーンコーデ。

白Tシャツ×ブラウンシフォンスカートで、カジュアルに可愛く。

カラーTシャツ×デニムで、元気な印象に。

 

アクセサリーやバッグなど、小物でアクセントをつけるのも◎

 

服が選べない場合や、特に漏れが不安な場合の工夫

 

「学生または社会人で、月経期も制服やスーツを着なければいけない」「スポーツをするときにユニフォームが決められている」など、自分で服が選べない方も多いと思います。

 

そうでなくても、経血量が多い方や、初潮を迎えたばかりで生理に慣れていない方など、服装に配慮しても漏れが不安な方もいるでしょう。

 

そうした方におすすめな、生理の漏れを防ぐポイントをご紹介!

 

1. いつもの服装に生理用インナーショーツをプラス

いつも通りナプキンやタンポンをつけてショーツを履いた上から、生理用インナーショーツを履きます。もし漏れてしまっても、服に経血が付く前にインナーショーツが経血を吸収してくれます!

 

もう生理中の服装で悩まない

 

今回は、生理中のおススメの服装をご紹介致しました。

あなたの生理のお悩みに合わせて、ファッションや生理用インナーショーツを選んでみてください。

ただでさえホルモンバランスの乱れや生理痛により心も体も重く沈みがちになってしまう生理ですが、そんな日も「あなたらしく」いられますように。

 

■防水・透湿機能を持つ、機能性インナーショーツ【Angelite】を使用すれば生理中もファッションを楽しめます。

 

 

 

Angelite(アンジェライト)ボクサータイプ

タグ: